コラーゲン

お肌のハリ・弾力といえばコラーゲンですが、「化粧品やサプリメントから取り入れても若返り効果がない」という噂が!コラーゲン含有化粧品・サプリが持つ美肌効果の真実、ハリ・弾力を得るための方法など、コラーゲンについて正しい知識を深めましょう。

分子が大きいコラーゲンはお肌に浸透しない!

コラーゲンは、お肌の真皮層で網目状に張り巡らされており、これがベッドのスプリングのような働きをするため、ハリや弾力の元になっています。

そのため、アンチエイジング化粧品にコラーゲンが入っていると「これでハリと弾力が甦る!」と思って使っている方も多いと思いますが、実はこれらの効果は化粧品では得ることができません。コラーゲンの分子はとても大きく、角質層の隙間に入ることができないため、お肌表面に取り残されてしまうのです。

ですが、この残されたコラーゲンはお肌を乾燥から守る「保湿バリア」として機能してくれるため、美肌効果がゼロなわけではありません。期待している効果とは違うかもしれませんが、お肌を乾燥から守ることは美肌&若返りへの着実なステップで、とても重要なことです。

低分子化(小さな分子にして浸透しやすくしたもの)されているものもありますが、基本的に化粧品が浸透するのは角質層まで。それに対してコラーゲンがハリ・弾力を作り出しているのは真皮層ですから、どちらにせよ化粧品ではハリ・弾力へのアプローチは難しいということになります。

ハリ・弾力を得たいなら「ヒドロキシプロリン」がおススメ

それならば食事ではどうでしょう?コラーゲンは美容ドリンクにも入っているほか、お鍋やお肉のゼラチン質部分などにも含まれていますよね。

効果を期待したいところなのですが、コラーゲンは体内で一度アミノ酸に分解され、その後体のあらゆる場所に使われていくのでお肌に届くという保証はありません。また、お肌に届いたとしても、再びコラーゲンとして使われるとは限らないのです。これは、食品だけでなくサプリメントも同じ。つまり、コラーゲンの食品やサプリメントもお肌への効果は期待できるか微妙なところなのです(それだったら、一度分解する手間が省けているアミノ酸を摂取するほうが良いです)。

しかし、近年の研究では「ヒドロキシプロリン(またはアセチルヒドロキシプロリン)」というアミノ酸が、お肌にしっかりと到達しコラーゲン生成にかかわってくることがわかりました。コラーゲンそのものではありませんが、コラーゲンの構造を安定化させる働きを持ち、皮膚の老化に対して有用性があるといわれています。

ヒドロキシプロリンは、食事でも化粧品でも効果がある優れもの。化粧品の場合でも、保湿だけでなく弾力が増加したというデータも証明されていますので、コラーゲンでハリ・弾力の効果を感じたいのであればコラーゲンそのものではなく、ヒドロキシプロリン配合のものを選ぶことをオススメします。

error: Content is protected !!