本当?日焼け止めが法律で販売禁止になる?

Kanenori / Pixabay

もしかしたら一部の日焼け止めが使用禁止になるかもしれません。

アメリカのハワイ州ではサンゴ礁への有害が指摘されている一部の日焼け止めの販売・流通を禁止する法案が可決した様です。

それはサンゴ礁に対し重大な被害をもたらすオキシベンゾンやオクチノキサート(紫外線吸収作用のある成分)を含む日焼け止めを、医師の処方箋なしに流通させることを禁止するというものです。
それらの成分を含む化学物質は、近年問題になっているサンゴの白色化を引き起こす可能性があるとの調査結果が出ているようです。

もしかしたら日本でもサンゴ礁を守る運動や取り組みが更に活発化すれば、この様な法律ができるかもしれませんね。

でもまだ日本では法律で規制されていない!という安心感で済ませる事なく、自然破壊を助長してしまう可能性のある成分を予め知っておくことも大切ですね。

 

参考:CNN


お肌はまだまだ若返えります!!