太陽光を浴びると「くしゃみ」が出るのはアレルギー?

Free-Photos / Pixabay

暗い所から眩しい太陽の下に出た時「くしゃみ」を経験した人はいませんか?

私もよく太陽光でくしゃみをする事がある人の一人なのですが、ずっと疑問に思っていましたが、ここ最近「紫外線アレルギー」の記事を読んでもしかして…と思って「太陽とくしゃみの関係」を調べてみました。

光を見てくしゃみがでるのは特定遺伝子によるもの

「光くしゃみ反射」の正式名称はものすごく長い。「染色体上にある優性遺伝子が引き起こす突発性太陽視覚症候群(Autosomal dominant Compelling Helio-Ophthalmic Outburst syndrome)」といい、あまり長いのでその頭文字をとって「ACHOO(ハクション!)」と呼ばれている。
出展:カラパイア

どうも、「光くしゃみ反射」という略名称で、太陽だけでなく光に対して特定の遺伝子が反応してくしゃみを引き起こす様です。
今まで思っていたアレルギー反応による物ではなさそうですね。

また、以下のような見解をしているサイトもありました。

突然のまばゆい光は視神系を刺激し、それが時々近くにある三叉神経の一部に伝わり、その神経が鼻や口に繋がっているというわけです。この刺激か鼻の不快感によるむずむずした感じに似ているため、くしゃみを引き起こすのです。ですから、この現象ははっきりと解明していませんが、このシナリオは、三叉神経を刺激することと関連する、“くしゃみを引き起こす以外の奇妙な現象”を解明してくれるかもしれません。例えば、髪を引っ張ったり眉毛を抜いたりする時に起こる現象ですね。
出展:ログミー

解明していないけども、三叉神経というものを光が刺激することで鼻の不快感を与え、くしゃみを引き起こしている(かもしれない)と言うもの。

なるほど!と言うものではありませんが、色々と探してみても「紫外線アレルギーに対してくしゃみが出る」という関連性を解説したサイトは見つかりませんでした。

そしてこの「光くしゃみ反射」は、なんと日本人の25%が反応してしまう物だそうです!
身近で影響される可能性のあるケースでは「運転中の暗いトンネルから日差しの明るい場所に出た時」などが言えるようで、もしかしたら光くしゃみ反射が原因で事故を引き起こしている可能性もあるらしいので怖いですね…。

ちなみに治療法は特にないそうです。
しかしこの現象を普段から意識しているだけで事故を未然に防ぐ事ができるかもしれません!

ちょっとした知識として頭の片隅にいれておきましょう。


お肌はまだまだ若返えります!!