老けやすい食生活

アンチエイジングの方法というのは、数多くあります。
生活習慣の見直し、環境の改善など、大変なものからちょっとした心掛けで変わるものまで様々。
そんな中、食生活を改善することで、身体の老化予防、若々しさの維持にとても影響があることをご存知でしょうか?

目次

体と食事
老けやすい食生活
心掛けておきたいこと『注意点!』

 

身体と食事

人は毎日、食事をします。
食べ物は身体の栄養となり、体力、気力、そして身体そのものの維持に努めるのですが、同時に老廃物も存在します。
そして、それは便となり輩出されるのですが、体内には少なからず蓄積されるものがあります。
肉をよく食べる人は、腸の中に何キロものの宿便を蓄えてしまっているという話は、すでに有名ですよね。
蓄えているということは、身体の中に仕事を溜めてしまっていることとなります。
仕事が溜まった状態だと、いくら睡眠をとっても体内は忙しなく動き、そして疲労を残してしまい、衰えていくのです。
そう、だからこそ身体に優しい食生活こそが、若さの秘訣といわれる理由なのですね。

 

老けやすい食生活

前述しましたが、消化とアンチエイジングにはとても深い関わりがあります。
老けやすい食生活というのは、消化吸収の悪い食事を多くとることであり、逆に、若さを保つための食生活というのは、消化吸収の良いスッキリとした食事を心掛ける事なのです。


具体的には、脂っこいメニュー、肉、硬いもの、辛いもの、極端に冷たいものなど、消化するために負担を強いられてしまうものは、身体の老化を促してしまいます。
消化の良いものは、同じタンパク質でも、魚や大豆製品、野菜や果物もあまり冷やさずに摂ることが望ましいでしょう。

 

心掛けておきたいこと『注意点!』

こうして区別してしまえば、結局のところ欧米風の食事、脂の乗ったメニューが全般的に身体に悪いので控えましょう、魚と野菜と豆を積極的にとりましょう、といっているようにしか聞こえませんよね。
ですが、あまり極端な食生活はむしろ身体に悪くなる、といっても過言ではありません。
ダイエットをすることで健康的どころか老けてしまったという話は少なくありませんから…。
世の中には、過度な健康志向ゆえに、あまり清々しくない生活をしている人もいます。
毎食事に肉をバクバク食べたり、あるいは毎食野菜と豆ばかりといった極端なことを控える、というのが健康のため、若さの維持への唯一の道なのです!

同じ年齢でも、若く見える人と、そうでない人はいます。
やっぱり、老けて見えてしまう人は大概、食生活も偏っていたりしますから…。
外に現れる身体の若々しさは、身体の内側のもの。
そのためにこそ、”老けやすい食生活”を改善し、バランスを意識し、いつまでも若々しくありたいものですね。


お肌はまだまだ若返えります!!