化粧品の中から「汚物の成分」が検出?海外の偽ブランドに注意!

naturalpastels / Pixabay

化粧品から汚物が検出?

米国の繁華街で押収された偽ブランド化粧品から「細菌や糞便」が検出されたと発表されています。

化粧品の箱や容器などはコピーされやすいですが中身まではソックリにコピーはできません。
様々なかさ増し要素によって薄められた物と思われますが、まさか「糞便」が入っているとは思いませんでした(それに、何の糞便なのでしょう…)。

また、報道では「有名ブランドでも50〜75%オフなどの異常に安価になっている物には気をつけた方がいい」との警鐘を鳴らしています。

日本国内でも有名ブランドに似せたような商品もありますし、日本で販売しているから安全!という事でもありません。
偽ブランドだけど安いから買っちゃおう、なんていう事は決してお肌の為にはなりません。

皆さん、お気をつけ下さいね。

 

(CNN) 米ロサンゼルス市警(LAPD)は16日までに、市内の繁華街で押収した偽ブランド化粧品から、細菌や糞便(ふんべん)が高い濃度で検出されたと発表した。

警察は12日、ファッション用品のショッピング街として知られる「サンティーアリー」で21カ所の一斉捜索を行い、70万ドル(約7500万円)相当の偽ブランド化粧品を押収した。

捜査員はCNN系列局KABCの取材に対し、「こうした商品はガレージやバスルームで製造されており、必然的に汚物が混入する」と話している。

引用:CNN


お肌はまだまだ若返えります!!