界面活性剤は本当に美肌に悪影響なのか?

“界面活性剤”というと、どんなものを思い浮かべるでしょうか。
洗剤? 化粧品? 今や様々な製品の中で目にすることの多い名前ですね。
“オーガニック”という用語と共に自然由来のナチュラルな化粧品や洗剤などが求められる世の中において、界面活性剤は肌に悪いというイメージがあります。

そもそも、界面活性剤って何?
そして、本当に肌に悪いものなのでしょうか。

目次

界面活性剤って何?『天然界面活性剤』
界面活性剤って何?『合成界面活性剤』
美肌作りのために

 

 

界面活性剤って何?『天然界面活性剤』

“界面活性剤”というのは、名前からすると洗剤のように思われがちですが、実は成分のことです。
いわゆる、水分と油分をくっつける役割を果たすことから、界面を活性化させるという意味の名前がついているのですね。
もちろん、洗剤にも多く含まれ、水だけでは落とせない油分を水とくっつけることで引きはがす、そういった役割を果たしているのです。
また、界面活性剤には天然ものと合成のものが存在します。

自然由来の天然成分であるには、よく聞く名前”ペプチド”や、マヨネーズの原料としても有名な”レシチン”などがあります。
これらは安全でかつ安全な反面、腐りやい、酸化しやすい、また希少であったりと不便な点も多くあるのです。

界面活性剤って何?『合成界面活性剤』

そして、自然とは対を成すのが、合成界面活性剤です。
おそらく、人体に悪影響であるといわれる多くは合成のものでしょうね。
今回の主題である『美肌に悪影響なのか?』ですが、答えはずばり「ノー」です。

合成界面活性剤の中でも、”ラウリル酸”や”ラウレス酸”の成分は、肌への浸透度が強く、悪い効果もないとは言い切れませんので、注意が必要です。
ですが、同じ合成ものでも”ラウリン酸”や”オレイン酸”、”脂肪酸”などの成分は、人体への影響はほとんど見られない安全な製品を作るのに役立ちます。
「赤ちゃんにも使えます」と書かれたボディソープや入浴剤などにも、これらが適切に使用されていることが多いのです。
合成、と一口で捉えて全てを避けてしまうのは、どこかもったいないかもしれませんね。

美肌作りのために

モデルの”梨花”さんが、洗顔は水だけで行うことを推奨したことがあります。
人の肌というのは本来、しっかりと自身の力で守るように出来ているもの。
界面活性剤、というのが非常に広い意味での成分を表わしていることは述べましたが、やはり異常なほどの洗浄成分がある製品は怪しいものが多いですね…。
また毛穴の汚れを残さず落としてくれるのは、一見スッキリとして気持ちよさそうですが、肌に凸凹を作り、汚れや余計な脂分をため込むことにつながるだけなので控えましょう。
水だけで洗う、というのは極端かもしれませんが…、例えば石鹸で洗う、自然由来の製品を使う、合成でも安全なものを見極めて使う、など工夫を凝らすことは絶対に必要なことなのです。

美しい肌は、自然の力でのみ出来上がる、というわけではありません。
合成界面活性剤にも安全で安心なものは数多くあり、そのほとんどがいわゆる「ケミカルなもの」として分類されてしまっているのが現状です。
何千とある界面活性剤の種類を覚えることはさすがに難しいですが、先に述べたいくつかの誤解されがちな名前や成分だけは覚えておくのも良いかもしれません。
正しく理解すること、それが健やかな身体と、美しい肌を維持するためのポイントになるでしょう。


お肌はまだまだ若返えります!!