メラニン色素と生活習慣の関係

肌トラブルの中で、治りにくく厄介なのが”シミ”。
一度出来てしまうと、皮膚の外から中からあれこれと治療を施しても、中々消えてくれないものです。
またシミの原因となるのが、CMなどでも耳にする”メラニン色素”。
メラニン色素の生成を抑え、シミを予防すること。
そのためには一体どのようなことが必要なのでしょうか。

目次

メラニン色素ってそもそも何?
メラニンはバリアー
正しい生活習慣で、強く美しい肌を手に入れよう

 

メラニン色素ってそもそも何?

メラニン色素は、その名の通り肌の表面へと顔を出す色素の一つです。
まず前提として、白い肌は外部からの刺激に弱く、極端にいうと真っ黒であればちょっとやそっとの刺激にはビクともしません。
白く美しい肌というのは、とてもとても繊細でもろいものなのですね。
そして、肌を守るために人の身体が生成するのが、メラニン色素と呼ばれるもの。
肌に色をつけ、紫外線やその他の刺激から守るバリアーを張るのです。
こうして考えてみると、メラニン色素が皮膚に出来るというのは、決して悪気があるわけではないのですね。

 

メラニンはバリアー

メラニン色素がバリアーの役割を果たしていることは先に述べました。
ですがやはり、見た目には美しくないシミだらけの肌は、誰も歓迎しませんよね。
そこで、逆に考えてみてください。
バリアーを必要とするのは、肌が傷ついてしまう恐れがあるからです。
見た目には同じような白いすべすべの肌でも、しっかりと強く張った肌かどうかはわからないもの。
肌が直接紫外線に触れることは、様々な皮膚病や、皮膚がんの原因となるのです。
メラニン色素はこのように直接的なダメージを肌が受けてしまわないように守ってくれているのです。

 

正しい生活習慣で、強く美しい肌を手に入れよう

身体は無駄に色素を作り出したりはしません。
ですから、肌そのものがしっかりと強く張り、内側から健康的であれば、メラニン色素を必要以上に作る必要もないですし、結果としてシミやくすみが出来てしまうこともないのです。
美しいだけでなく、強い肌。
そのためには正しい生活習慣が欠かせません。
夜はしっかりと眠ること、栄養の偏りのない食事、そして健やかでストレスの少ない暮らし。
不必要に肌をさわったり、化粧品やケア用品も使い過ぎないことは重要ですね。
そうした習慣を繰り返すことで、肌は自然と強く張ってゆくのです。

 

健康、美容、暮らしの中で求めるものは皆、ちょっとした生活改善で良くなってゆくもの。
美容整形やコスメ用品を否定するわけではないですが、それらはやはり人それぞれのしっかりとした生活習慣があっての上のことなのです。
まずはよく眠り、よく食べ、よく笑ってみてください。
そんなことで意外と人は綺麗になってゆきます。
メラニンを不必要に作らせない、健やかな肌と生活を手に入れましょうね。


お肌はまだまだ若返えります!!