花粉も美肌に影響するの?

毎年、春頃になるとマスクをしている人を多く見かける事でしょう。
花粉は厳密には年中飛んでいるものですが、中でもダントツに強力なのが、春から夏前にかけて現れるスギ花粉です。
草木の芽吹く季節を何故か鼻のムズムズから感じ取るのは心外でしょうが、花粉症のシーズンは人によっては一年のうち最も辛い時といっていいかもしれません。
また、花粉症は鼻や目といった器官だけでなく、人の肌にも悪影響があることをご存知でしょうか。

目次

花粉が皮膚を荒らす?!
花粉症との違いとは
花粉皮膚炎にかかったら

 

花粉が皮膚を荒らす?!

“花粉皮膚炎”という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
花粉症といえば、鼻がムズムズし、くしゃみが止まらない、鼻水が出る、目がかゆくなるなどの症状が一般的です。
余談ですが、風邪にも似ているので注意が必要ですね。
だけども、花粉は実はそういった器官だけでなく、皮膚の表面そのものにも影響があるのです。
それが”花粉皮膚炎”(花粉症皮膚炎)と呼ばれるものです。

鼻の内側が赤くなるのもそうで、もっとわかりやすい箇所が目の周りでしょう。
真っ赤に腫れ、痒みを伴う花粉皮膚炎。
一般的な症状に加えて、特に注意してゆきたいものです。

 

 

花粉症との違いとは

花粉皮膚炎は、花粉症とは微妙に違う点があります。
それは、例年花粉症にかかり、薬を飲んだりマスクをしたりと大変な人たちだけでなく、花粉症にかかっているわけではない人でも症状が出るということです。
花粉症と花粉皮膚炎は別のアレルギー症状であるともいえるのです。
乾燥肌の人も多くいるとは思いますが、花粉症でなくともそれらの時期に肌荒れを強く感じる人は花粉皮膚炎を疑った方が良いかもしれません。

 

花粉皮膚炎にかかったら

花粉の時期に肌荒れを感じたら、それはただの乾燥肌とは呼べません。
また、衣服で肌の露出を控えることは予防につながります。
そして、屋内でも花粉は侵入してきますし、外出時の衣服や髪に付着した花粉が舞っているので、湿度を上げて花粉を床に落とす、しっかりと掃除をする、空気清浄機を使用するなどの対策は欠かせませんよ。

鼻や目の中などは、時期を過ぎて症状が緩和されれば何とかなるものですが、肌は見た目にも出てしまいますので、特に女性は気にする方が多いと思います。
また厄介なのが、花粉はアレルギー症状を起こすものであり、化粧水やクリームなどでピリピリと痛みを感じたりもしてしまいます。
心配な方は一度、皮膚科にかかってみるのが良いでしょう。

 

花粉皮膚炎は、体質的な乾燥肌、あるいは花粉症によってひどく掻いてしまったための炎症などと混同されやすく、判断が難しいものです。
一番の解決策は、専門医に見てもらうこと。
また無駄な外出を控え、そして屋内でも花粉除去を忘れずに。
過ごしやすい季節のことですから、しっかりと対策をして、健やかに暮らしてゆきたいものですね。


お肌はまだまだ若返えります!!