冬とみかんと美肌の関係

anhnhidesign / Pixabay

冬の時期に口にするフルーツと言えば「みかん」ですよね。
みかんは何気に様々な効能がある事はご存知かと思います。
そんなみかんの効能を今回はおさらいしてみましょう。

 

みかんでアンチエイジング

みかんには「ビタミンC」「クエン酸」「ヘスペリジン」と言った抗酸化作用のある成分を含んでおり、アンチエイジングの効果も期待できます。

●ビタミンC
美肌を形成するのに欠かせない成分であるビタミンCがたっぷり含まれています。
風邪予防などにも有効です。

●クエン酸
体内水質や尿酸の調整で体調を整えるとともに痛風予防にもなります。
また、ミネラルの吸収をサポートする効果もあります。

●ヘスペリジン(ビタミンP)
非常に壊れやすいビタミンCの吸収をサポートするのがヘスペリジン。
みかんの白い筋に多く含まれています。

ペクチン
腸内環境を整え、お肌の調子を改善します。

●βクリプトキサンチン
脂肪細胞の肥大化や、生活習慣病を抑制する効果が近年発見された様です。
糖尿病のリスクも低下するといった万能成分です。

 

みかんを一日に何個まで食べていいの?

これだけ良い成分で構成されたみかんですが、やはり食べ過ぎも果糖などの影響もあり良くありません。
ですが、一度に何個か食べてしまうこともしばしばありますね。
みかんはSサイズの物でも20kcal程度、Lサイズでも50kcalと比較的少ないのも特徴です。
食事や果糖との兼ね合いを考えると、一度に食べる個数は2〜3個程度が望ましいのではないでしょうか。

pixel2013 / Pixabay

いかがでしたでしょう?
普段から何気に食べていたみかんも、実はとっても良い成分が沢山ある果物だと言うことが再確認できたと思います。

また、みかんの缶詰を食べるよりも白い筋を含んだそのままのみかんがより効果的なので、より意識して食べてみることで、また一歩美肌に近づくことができます。