炭水化物の取り過ぎは老化の原因に?

お肌と炭水化物との関係、皆さんご存知ですか?

近年では「炭水化物抜きダイエット」などが流行したりしましたが、炭水化物に関しては昔から様々な解釈があります。
炭水化物は身体に悪影響しか無いという方もいれば、炭水化物を抜いたダイエットで身体の調子が良くなった方、逆にお肌がボロボロになったという方など、人様々な報告が見られます。
もちろん「過剰摂取」「極端に抜く」のも人の身体にいい影響があるとは思えず、結論からいうとバランスよく摂取するのが一番健康に良いという事です。

今回はそんな炭水化物との付き合い方をご紹介していきます。

 

炭水化物の過剰摂取の影響は

炭水化物は主に「糖」と「食物繊維」の塊でもあります。

お肌の老化の原因に「糖化」という現象があります。
それは「過剰に摂取された糖とタンパク質や脂質が結合して老化促進物質を生成する」もの。
糖化が促進してしまいますと、お肌の保湿効果や潤い、弾力などが失われてしまいます。

また、過剰な摂取は糖化の機会を増やすだけでなく体重増加の直接な原因にもなります。
スイーツなどの甘い物から摂取する糖とは異なり、炭水化物は主食からも摂取してしまう糖なので、細心の注意が必要です。

 

炭水化物を極端に抜くのも危険

炭水化物で老化や太るなら、摂取しない!という考えは非常に危険です。
毎日の活動エネルギーとなるのも主に炭水化物と言えます。
それを抜いてしまうことで活力が低下し、健康的な生活をおくれなくなっては本末転倒です。
また、皮膚は主にタンパク質で出来ています。
そのタンパク質が不足した状態では新しいお肌を作ることができません。

極端な炭水化物抜きな生活をしていると、タンパク質がブドウ糖の生成などに消費されてしまい、その結果ターンオーバー(肌が生まれてから剥がれ落ちるまで)が遅れて、お肌の調子が悪化してしまいます。

 

炭水化物とどう付き合って美肌を保つか

炭水化物による糖化が気になる方は、まずお馴染みのGI値を意識してみましょう。
GI値が高ければ高いほど血糖値が急上昇しやすく、糖化させやすい身体の状態になります。
主に炭水化物の代表である、白米・パン・もち・うどん・じゃがいも・にんじん、などを食べる前に、低GI値の「野菜系や豆などから食べる」事で血糖値の上昇を緩やかにしましょう。
結果、ダイエットにも繋がりますし、美肌つくりから健康的な体づくりを目指すことができます。

何を試しても自身の体調が優れない、サプリメントに頼りすぎている…そんな方はまず「糖化」を理解して、炭水化物コントロールから試してみてください。

 

参考:Wikipedia(グリセミック指数)


お肌はまだまだ若返えります!!