冬の肌荒れの原因とは?

身体は冬に歳を取る、といったようなキャッチコピーがどこかにありました。
冬は厳しい季節です。
何より寒いし、朝もつらい、雪も降ったら様々な困難が巻き起こったりしますし。
そして身体だけでなく、肌にとっても冬という季節は大敵です。
ではどうして冬に肌が荒れてしまうのか、原因とまたその対策なども考えてゆきましょう。

目次

乾燥こそ肌の一番の敵
冬の保湿に注意!
ストレスのない暮らしを

 

乾燥こそ肌の一番の敵

冬といえば、寒さ、そして乾燥ですね。
どちらも好んでいる人はまずいないでしょう。
肌は様々な成分、そして水分によって結合された膜です。
それが寒さによって硬質化され、更に乾燥によって水分を取られてしまい、結果としてパリパリとした肌になってしまうのです。
乾燥肌は見た目にも良いものではないですが、ひびやあかぎれなどの傷の原因にもなるのでしっかりとケアしてゆきたいものですね。
乾燥対策としては、部屋の加湿はもちろん、化粧水などでのケアも大事になります。
また外へ出る時はしっかりと着込んで、肌を冷たい空気から守ることも大事ですよ。

 

冬の保湿に注意!


エアコン、ストーブ、こたつなど、冬の寒さ対策に暖房器具は欠かせませんね。
キンキンに冷えた室内で暮らせる人などいませんから…。
暖房器具はどれも、熱の代わりに空気中の水分を奪います。
ただでさえ乾燥した室内を更にパサパサに変えてしまうのですから、いくら暖かいといって薄着でいては肌も空気同様パサパサ、見るも無残になってしまいます。
ですから暖房を使用しながら、加湿も行っていきたいものですね。
ここで注意したいのが、室内を加湿し、肌を保湿してから、外へ出る、あるいはタイマーなどで暖房や加湿器が切れた途端、部屋はまた外気と同じように冷えて乾燥した空気に変わってゆきます。
肌は保湿することで美しく保たれますが、あまり乾燥と保湿を繰り返すのは良いこととはいえません。
水分は水分同士でくっつく性質がありますので、中途半端に保湿された肌から余計に水分を空気へ取られてしまうことが考えられるのです。
アルコールの含まれた安価な化粧水で余計に乾燥肌がひどくなるのと似ていますね。
ですから、保湿加湿、そして部屋の加温も大事ですが、やりすぎには注意したいものです。

 

ストレスのない暮らしを

肌は水分によって美しさを保つものですから、湿度にばかり気を取られてしまいがちですが、実は肌はストレスによって受けるダメージが最も深刻だともいわれています。
厳しい寒さによって人はストレスを感じるため、それによって肌が荒れてしまうことは大いに考えられるのです…!
過度なダイエットからストレスにより過食になり、リバウンドしてしまうといったことと似ていて、あまり敏感になり過ぎるのも逆効果といえるでしょう。
冬は寒いものですし、多少なりとも乾燥はします、仕方のないことだ。
それくらいに思っていると、例えば皮膚からの水分吸収も、食べ物による栄養補給もスムーズになるものです。

冬の肌荒れの原因といってまず挙がるのは、間違いなく乾燥でしょう。
しっかりと部屋の加湿、そして肌の保湿管理も怠らずにやってゆきたいもの。
そして忘れがちなのが、寒さによるストレス。
身体を動かすのも億劫になりがちなこの季節ですが、しっかり着込んで、部屋を暖かく、それぞれが過ごしやすく工夫することは、実は肌荒れ予防の最も効果的な方法なのかもしれませんね。


お肌はまだまだ若返えります!!