湿度を保って美肌に! 肌にとって最適な湿度・温度とは?

お肌は、心と同じく、とても敏感。些細な気温の変化でも、ストレスを感じやすいといわれています。お肌を整えるうえで大切なのは、特に湿度! お部屋の湿度は、ちょうどいい状態ですか?

今回は、美容にいい湿度・温度を保つ方法をご紹介いたします。

 

適正湿度は、60%前後

 

お肌にとって、適切な湿度は60%前後といわれています。

一般的に法令では40%~70%が平均的な数値であり、インフルエンザのようにウィルス対策を重視する場合は「50%」が一つの目安とされています。お部屋の状態を常に一定に保つためには、湿度計が必要です。

最近ではインテリアに馴染みやすいようなデザイン、価格帯の幅も広がっています。ただし、湿度計も長く使い続けると適正な数字が出にくいため、一度、買ったままにするのではなく、定期的に買い替えましょう。

 

 

お部屋の湿度を保つ方法が知りたい!

 

(1)  水を容器に入れて置く

 

お部屋の湿度を保ちたいなら、コップに水を入れてそのまま部屋に置いておくだけでも湿度対策になります。熱帯魚を買っていて水槽があるなら、それだけでも湿度が保たれているはず。

 

(2) 洗濯物を室内に干す

 

一番簡単な方法は、洗濯したものを室内に干しておくこと。これだけでも部屋全体が潤い、適正な湿度を保ちやすくなります。一人暮らしの女性の場合は、防犯上、外に干しておくわけにもいきませんから、室内に片隅に洗濯物を干しておくスペースを確保いておくといいかも。

 

 

(3) 加湿器をかける

 

最近ではアロマとセットになった加湿器も販売されています。オシャレなデザインも多く、部屋の中に置くだけで気分がよくなるような加湿器が非常に多い印象。ただし、部屋に合った台数で十分です。たとえば、そこまで広くないスペースで加湿器を2台以上かけると、今度は加湿しすぎてお肌の調子が悪くなってしまいます。

 

(4) 観葉植物を育てる

 

観葉植物を置くと、植物からも水分が蒸発され、湿度対策になるといわれています。また、植物を育てていると、霧吹きを使用する頻度も高まり、さらにお部屋の湿度対策にアプローチすることができるのです。緑も多くなり、精神的にも安定するでしょう。

 

 

(5) 水拭き掃除をする

 

1日のはじまりを「掃除」からにすると、気分も晴れ晴れして、またお部屋の乾燥対策にもなるためオススメです。掃除機でささっと済ませるだけではなく、心をこめて雑巾で拭くと、お部屋全体の空気も浄化されます。

 

いかがでしたか?

お肌と湿度は、密接な関係。お部屋の湿度対策に力を入れることで、お肌の調子も安定してくるでしょう。最初のうちは、いちいち気にするのが面倒くさいかもしれませんが、習慣として定着させると、美容へのモチベーションもさらにアップするはず♪

 

(引用:hybea.jp

 


お肌はまだまだ若返えります!!