最近メディアで頻繁に取り上げられている水素水
雑誌やテレビなどで必ずと言っていいほど見かけるようになり、最注目のキーワードになっています。
ただ、普通の水とは異なるため、飲み方には少々コツが要ります。多くの効能があると期待して飲んでいたら、実は普通の水に近い状態で飲んでいた!なんてことも不思議ではありません。
適切に飲むことで期待できる健康効果を最大限に発揮できるようになるので、ぜひ最後まで読んで実践してみてください。

まず、水素水に期待されている効果についておさらいしておきましょう。
私達の体内にある細胞は全部で約60兆個もあります。
それらの細胞は生命活動の維持のために酸素を取り込み、一部が活性酸素に変化していきます。
活性酸素は本来、体内に入った細菌やウイルスなどの敵を撃退するためのものなのですが、ストレス等によって過剰産生されてしまうと細胞まで傷つけてしまうようになります。
これが老化やガン、生活習慣病に影響すると言われています。
水素水に含まれる水素は、余分な活性酸素と結びついて水に変わる声質を持っているため、カラダに良い効果をもたらすと言われています。

水素水の大きな特徴は、空気に触れると一気に水素が抜けてしまうことです。
そのため、生成後はすぐに飲まなければいけません。
一回に飲む量は最後まで飲みきれる程度に抑えるようにしましょう。
沸騰させてしまうと水素が抜けてしまうので、常温で飲むようにしましょう。

より効果的に飲むには、活性酸素が発生しているタイミングで飲むことが大切です。
一番のおすすめは起床時です。
起床時は血流が悪く、体内の水分も少ないタイミングですので、このタイミングで水素水を飲めば浸透しやすくなっているからです。
この他にも、食前や運動の前後、就寝前や飲酒後などもおすすめです。
1日300ml~500mlが適量で、ちびちび飲むよりも一気に飲んだ方が効果的と言われています。
飲みきりサイズのアルミパウチタイプのもの、必要分を生成するサーバータイプが特に多く利用されています。
自宅で飲むのか、外出時にも飲みたいのか、ライフスタイルに合わせて継続しやすい商品を探すようにしましょう。

※ご病気等でお水の引用を制限されている方は、医師の指示に従ってください。

おすすめの記事