黒ずみ、イチゴ鼻、たるみ…タイプ別簡単にできる毛穴対策まとめ

Alexas_Fotos / Pixabay

小鼻の毛穴が開いて目立つ、黒ずみが気になるとお悩みの方は多いもの。毛穴対策用の洗顔パウダーや、化粧下地を使っても、毛穴が目立って仕方ないという人もいるのではないでしょうか。秋は空気が乾燥するため、乾燥によってますます毛穴が目立つこともあります。簡単なお手入れ方法を知って、毛穴の気にならない美肌を目指しましょう!

毛穴が目立つ理由は、大きく分けて3つ

毛穴が目立って気になると言っても、毛穴が目立つ理由は人によって違います。まず、よく聞く「黒ずみ毛穴」は、洗顔やクレンジングで落とし切れなかった角栓が原因です。落とし切れずに残ったメイク汚れや角質が、皮脂と混ざって酸化すると、毛穴が黒ずんで目立ってしまうのです。

もうひとつ、若い人に多いのは皮脂が白く詰まったいわゆる「イチゴ鼻」。過剰に分泌した皮脂によって毛穴が開き、目立っている状態です。空気に触れた皮脂は固く詰まりやすくなるため、洗顔で落とすことが大切ですが、洗い過ぎるとまた皮脂が出てきてしまいます。洗顔後は、さっぱりタイプの化粧水と乳液で保湿することが重要です。

最後は、30歳をすぎると気になり出す「たるみ毛穴」。年を重ねるごとに、肌のハリを保つコラーゲンは減少。コラーゲンが減ると、毛穴も楕円形にたるんでしまいます。「たるみ毛穴」が進行すると、毛穴同士がつながり、シワのようなスジになることもあります。

「黒ずみ毛穴」は水素でお手入れを

では次に、毛穴タイプ別のお手入れ方法を見ていきましょう。「黒ずみ毛穴」を何とかしたいなら、洗顔やクレンジング、角質ケアはもちろん、紫外線対策も必要です。

汚れや角質をしっかり落とすために、週1回は酵素入りの洗顔パウダーや、スクラブ洗顔料でスペシャルケアをしましょう。紫外線などの肌ストレスは、活性酸素が生まれる原因となります。紫外線や活性酸素による酸化は、黒ずみを進行させてしまうため、紫外線と活性酸素対策のケアをおこなっていきます。

紫外線対策には、酸化を防ぐビタミンC誘導体の入った化粧品を使うといいでしょう。活性酸素をとり除くためには、水素入りの化粧品がおすすめです。水素は酸素と結びついて活性酸素をとり除き、黒ずみを防いでくれます。

油ギッシュな「イチゴ鼻」なら食生活を見直して

オイリー肌さんに多い「イチゴ鼻」対策にも、洗顔パウダーやスクラブ洗顔料は有効です。肌あたりのいい洗顔ブラシを使うのもいいでしょう。さらに、食生活の見直しも課題となります。

過剰な皮脂の分泌を防ぐために、揚げ物やチョコレート、アボカド、ナッツといった油分の多い食べ物は避けてください。飲み会や女子会で、揚げ物やスイーツが多いときも、グッとこらえて。特に、肌が油っぽくなりやすい生理前は要注意です。

どうしても揚げ物が食べたい、チョコレートが食べたい! と感じるなら、1か月後、3か月後の肌をイメージしてみてください。油物を控える習慣が身につけば、半年後の肌が見違えるように美しくなるはずです。

保湿でしっかり「たるみ毛穴」対策

年齢とともに、コラーゲンが減少して肌がたるんでいくのは仕方のないこと。しかし、年齢に合ったお手入れで、老化を防ぐことも可能です。肌老化のおもな原因は、紫外線による肌ダメージと、コラーゲンの減少です。UVケアだけでなく、保湿やコラーゲンを補う食事で、老化を最小限におさえましょう。

年を重ね、コラーゲンが減少すると、肌の保水力は衰えていきます。そんなとき、水素入りの保湿クリームを使えば、酸化による黒ずみを防ぎながら、保湿ケアをおこなうことができます。

さらに、乾燥が気になる秋冬は、体の中からコラーゲンを補ってあげましょう。コラーゲンたっぷりの手羽先や、フカヒレスープは、これからの時期おすすめです。ビタミンCの豊富なフルーツや緑黄色野菜も、コラーゲンの生成を助けてくれます。

シンプルケアと食生活で、毛穴の気にならない美肌に

毛穴が目立ってしまう原因は人それぞれですが、じゅうぶんな洗顔とUVケア、保湿や食生活の見直しによって、毛穴の悩みは解決できます。

毎日のスキンケアと食生活に気をつけていれば、高級な化粧品や、サロンでのお手入れは必要ありません。洗顔や保湿、食生活を少しだけ見直して、毛穴の気にならない美肌をキープしましょう。

タイトルとURLをコピーしました