水素の化粧品効果って?「水素濃度」の見方と単位の違いを解説

ronymichaud / Pixabay

最近、注目されている”水素”。美容効果があったり、病状を緩和してくれたり良いことずくしだと思うのですが、使用している水素アイテムの濃度が気になったことはありませんか? 今、貴方が飲まれている水素水の中にはどれくらいの量の水素が入っているのでしょうか。商品パッケージに記載されている水素濃度の単位(ppmとppb)はどんな意味があるの?

 

今回は、”水素濃度”のみかたについてご紹介したいと思います。

 

水素の濃度の単位 ppmとppbの違い

 

水素の濃度を量り知るには水素の分子の単位が知りたいですよね。水中の濃度を示す単位としては、”ppmをよく使います。ppmは”Parts Per Million”略で”100万分の1”を表します。1ppmは、1Lの水に1mgの量、つまり1ppm=1mg/Lです。

 

また、”ppb”という単位が出てくることもあります。ppb は”Parts Per Billion”略で、10億分の1を表します。ということは、1000ppb=1mg/L=1ppmです。(1ppbまでは測ることはできませんが、水素の品質管理にはあまり意味がないそうです)

 

ということは、ppbを使って表現している会社は「数字を大きく見せたい」ということなんです。選ぶ側としては統一して欲しいところですね。

 

水に溶ける最大の水素の濃度は?

 

水素が水に溶ける最大の量は、約1.6ppm= 1600ppb(常温、1気圧時)です。一時的に1.6ppm以上の水素を高い圧力をかければ溶かすことができますが、すぐに戻ってしまうのが現実なのです。

 

ところで、1.6ppm=1リットル中に1.6mgしか溶けていないけど効果はあるのでしょうか? 水素は非常に軽いため0.6mgもあれば、身体中に行き渡ります。一つの細胞に水素分子が約200万個も届きます。ということは、1.6ppmの水素水を250〜300mlくらい飲めば体の隅々に行き渡るということですね。

 

この商品本当に水素が入っているの?水素濃度について知ろう!

 

水素が流行していることもあり、水素水や水素を含むとされている商品が多く存在していますが、自分の目で商品を比較してみたり、商品の内容について見直していきたいですね!健康的で正しい水素アイテムを体に取り入れていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました