「腸内フローラ」という言葉、聞いたことがあるでしょうか。
研究自体はかなり前から行われ、数々発表もされているのですが、一般に話題となったのは2015年頃でしょうか。
腸内フローラとは何でしょう、また健康と美容にどんな関わりがあるのでしょうか。

 

腸内フローラとは?

腸内フローラとは、わかりやすくいうと「腸内細菌の集まり」のことです。
腸内細菌というと、CMなどでもよく見聞きしますよね。
フローラは、花畑という意味があります。
腸内細菌には三つの種類があり、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」となります。
善玉菌はよく知られる、乳酸菌やビフィズス菌がそうですね。
悪玉菌は、大腸菌などのいわゆる「悪い菌」で、様々な病気の元となります。
日和見菌というのは聞き慣れませんが、優勢な方に加担する菌で、普段はどちらともつかず存在する菌のことなのです。

 

 

腸内フローラを改善しよう

腸内フローラについて記述される時、必ずと言って良いほど「改善」というワードがついてきます。
ようするに、善玉菌と悪玉菌のバランス、比率、のことですね。
ストレスなども関係はするのですが、腸のことですから日頃の食事がほぼ全てといって良いほど影響します。
どちらかが0個となることはないので、常に腸内というのはどちらかが優勢、劣勢、という状況になるのです。
悪玉菌は、生ものなどの雑菌を多く持つものや、消化に悪い物でも増えてゆきます。
また善玉菌は、一般的に知られていますがヨーグルトなどの乳製品、発酵食品などで増えてゆきます。
当然ですが善玉菌が優勢の状態にすること、また維持することを「腸内フローラの改善」するというになるのです。

 

 

腸内フローラを改善すると痩せるのか?

腸内環境が整った状態になると、善玉菌の働きもあり、消化吸収がとてもスムーズです。
よって便通も良くなります。
腸内フローラを改善することで「痩せる」というよりは、体内の食べ物がしっかりと排出されてゆくので、「太りにくくなる」というほうが近いでしょう。
また日和見菌の存在は前述しましたが、腸内フローラが改善された良い状態が続くことで、日和見菌も善玉菌の味方をするようになり、更に腸内環境は良くなってゆきます。
腸内フローラの改善によって、スッキリと軽い身体を維持することが出来るのです。

 

腸内環境というのは、様々な病気と関係しています。
老廃物の溜まった身体は、本人の体調にも表れ、大変なことです。
ですから、少しずつでも改善を試みてゆくのが良いでしょう。

おすすめの記事